就労定着支援事業

  令和4年1月から、みなと障がい者福祉事業団の新しい事業として、就労定着支援事業が始まりました。

 これまで就労支援事業所はばたきを利用した方が就職した場合、6か月の職場定着支援終了後に、お住まいの自治体の就労支援センターに支援を引き継いでいました。
 今後、事業団の就労定着支援事業をご利用いただくことにより、就職後に安心して働き続けられるよう、職場定着支援6か月後からの3年間、お住まいの自治体に関わらず、はばたきの支援員が相談や面談を行ってサポートします。
 もちろん他の就労支援事業所を利用して就職した方も利用できます。

就職した方が長く就労できるように、事業団は皆さんを今まで以上にサポートしていきます。新しく始まる定着支援事業をよろしくお願いいたします。

 

利用対象者

・就労移行支援、就労継続支援などの利用を経て、一般就労へ移行した障害者で、就労に伴う環境の変化により、課題などが生じている方。
就労支援事業所はばたきを利用せずに別の事業所から就職した方も対象となります。
・障害福祉サービスの受給者証が必要となります。

サービスの利用期限

・上限3年間(1年ごとに支給決定期間を更新)
・就労移行支援事業所や就労継続支援などを経て企業に就職した方は、就職して6か月はそれまで利用していた事業所で職場定着支援を受けることができます。6か月経過後、新たに就労定着支援事業所と契約を結び、その後最長3年間が就労定着支援のサービスを受ける利用期間となります。

利用料金

・厚生労働省の定める障害福祉サービスのサービス提供費に応じて決まります。
・利用料は1割が自己負担で9割は自治体が負担します。さらに、世帯所得などに応じて負担上限が変わります。
・詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。

利用のご相談、お問い合わせはこちらへ
就労支援事業所はばたき(みなと障がい者福祉事業団)
電話03-5439-8062