《就労支援センター「かもめ」》 就職情報

ジャルパックに4月入社 Hさん

2009年 7月号  vol.6 掲載

 現在お世話になっているジャルパックでは、体調を気遣って、就業時間に関して最初の1ヶ月は1時間の早帰りという寛容な配慮がありました。
 その他、体調、対人関係、仕事の難しさ等、何か心配があれば上司が相談にのってくださるので、負担に感じることは殆どありません。
 同じ部署の職員は私の障害を課長から聞いて知っています。
 なので、質問しても解り易く説明してくださり、話しやすくて明るい方たちばかりなので、仕事がつらいと思わずに通えます。

高齢者施設でアルバイトを始めたBさん

2009年 7月号  vol.6 掲載

 事業団の受付業務で訓練を受けていた方が、4月から高齢者施設でアルバイトを始めました。
 職場側で以下のような配慮をしてくださっています。


  1. 最初からいろいろな業務をするより1つの業務に慣れてもらい、徐々に増やしていく。
  2. 慣れるまでは1人にさせないで、職場の人がなるべく付き添うようにする。

 職場の方は、「明るく挨拶をしてくれて、礼儀正しい」とおっしゃっていました。
 フルタイムではなく短時間の勤務です。仕事内容は、館内や外回りの掃除が主です。最初は筋肉痛が出たそうですが、ほど良い体の疲れで、接客ではなく体力勝負の仕事が自分に合っているので、続けられそうだと言っていました。

百貨店に4月入社、新社会人のMさん

2009年 7月号  vol.6 掲載

 都内の百貨店に特別支援学校新卒のMさんが採用されました。売り場のバックヤードで、箱詰めや包装・商品の整理などの業務を行っています。
 明るくていつも笑顔のMさんは、職場の方たちからとても可愛がられています。人事担当の方も、何か言うと反応がきちんと返ってきて、自分で考えて修正する力、コミュニケーション能力があると評価してくださっています。売り場を通って仕事場に出入りする時は、必ず深ぶかとお辞儀をしており、接客業のルールもしっかり守っています。
 Mさん、これからも職場にさわやかな風を送ってくださいね!

Kさん A社に就職!!

2009年 7月号  vol.6 掲載

 A社は六本木の一等地、六本木ヒルズ内にあります。現在、障がいのある方がおよそ40名在籍しており、とても障がい者雇用に力を入れている会社です。主に事務所内軽易作業(カフェ、ゴミ回収、トイレ清掃、メール便、パソコンデータ入力など)を行っています。ジョブコーチとして何度か訪問していますが、1人ひとりきちんと挨拶をして下さり、笑顔も絶えず、自身を持って仕事をなされているなというのが、毎回訪問しての感想です。また、班ごとに分かれて仕事をしていますが、お互いに助け合いながら仕事をされており、とても仲が良い職場だと感じました。

株式会社JALサンライト 9月本採用のSさん

2009年 3月号  vol.5 掲載

 3ヶ月間のトライアル雇用を経て、2008年9月にSさんが株式会社JALサンライトに正式に採用が決まりました。株式会社JALサンライトは日本航空の特例子会社です。
 Sさん以外にも事業団からは1名採用されており日々の業務に励んでいます。
 Sさんの仕事内容はグループ会社で回る交換便封筒の破損の直しとシュレッダー業務です。
 今回初めての企業実習に出たSさんはとても緊張していましたが、積極的に仕事に取り組み本人のがんばりを会社の方に褒めていただき、本人の自信に繋がることとなりました。

株式会社JALサンライト 8月本採用のTさん

2007年 10月号  vol.1 掲載

 今やっている仕事は、制服の裁断と飛行機整備のマニュアルなどの印刷が主です。その他、荷物の集配やシュレッダーも時々やっています。楽しいことは、会社に行くと仲間の皆に会えることです。職場の人たちも優しくしてくれます。ビルの中を歩いていると客室乗務員の人たちと挨拶をしたり出来るのも、嬉しいです。

株式会社メトロフルール 4月入社のKさん

2007年 7月号  vol.22 掲載

 メトロフルールは、親会社が東京メトロ(鉄道業)の特例子会社です。
 現在は20代前半から50代後半までの幅広い年齢層の知的障がい者の方が30名以上働いており、地元の江東区の方が多いです。
 これまでは江東区深川地区で、体育館や社員寮、資材センター建物などの清掃、駐車場の清掃・除草業務などを行っていました。今年から、大田区にある社員独身アパートの清掃業務も行うことになり、港区からは、Kさんが就職しました。

佐川急便(S店) 5月入社のOさん

2007年 7月号  vol.22 掲載

 現在130名程障害者雇用を行っている佐川急便で、1週間の実習を経て5月に事業団から1名、清掃業務で採用が決まりました。
 佐川急便での障害者雇用は「ともに働く」を合言葉に、障害者を一箇所にまとめずに各事業所にばらばらに配属し、健常者、障害者が一緒に仕事をすることで理解を深めていくことに取り組んでいるのが特徴です。
 今回採用された方の仕事の内容は、構内の清掃やダンボールの片付け、外回りの清掃等を行っています。広い敷地を動きまわり、自分から積極的に仕事を見つけて取り組んでいます。

ANA・ウィング・フェローズ株式会社  4月入社のKさん

2007年 7月号  vol.22 掲載

 私は、2007年4月にANA・ウィング・フェローズに入社しました。仕事の内容は、全日空提携航空会社のマイルの入力やマイル申し込みの郵便物の仕分けなどを行っています。
 全日空の特例子会社ということもあって、社員の皆さんは、何かしら障害を持っています。足が悪く杖を使っていたり、下半身麻痺で車椅子を使っていたり、聴覚障害で補聴器を使っていたりです。また、今年になって積極的に精神障害者を採用しています。私も精神障害者です。同期入社の中にもう一人、精神障害者もいます。また次の採用でも精神障害者を採用していましたから、精神障害者も積極的に採用しているのが解ります。
 次に良かったことは正社員として採用してくれるところです。合同面接会に3回行って 15社ほどまわりましたが、全てが契約社員での雇用でした。ANA・ウィング・フェローズのAMC センターは全て正社員です。そんなところにも魅力を感じました。またそれだけ障害者の気持ちもわかっていてくれる会社であることを感じます。

トーマツチャレンジド株式会社(監査法人トーマツ:特例子会社)へ2名の方が就職しました。

2007年 3月号  vol.21 掲載

 メール、パントリー、事務補助等の業務で、現在19名の方が 働いています。それぞれの能力を活かし、ステップアップを目指すことの出来る環境のため、社員のかた方達は日々やる気を持って仕事に取り組んでいます。
 8月にHさん、11月にTさんが就職しました。