就労移行支援事業所「はばたき」

 就労移行支援事業所「はばたき」(以下『はばたき』と表記)は平成19年9月より、障害者総合支援法に基づく、指定就労移行支援事業としてサービスを開始しました。自身の適性に合った企業への一般就労を希望する65歳未満の方に、2年間(プラス1年延長可能)の利用期限のなかで、「はばたき」の技能プログラムを通じ、就労に必要な知識と能力を習得する機会を用意するとともに、企業採用情報の提供、履歴書等就職書類の書き方指導・面接練習、企業実習の手配・段取り等、きめ細かな就職指導を行っています。「はばたき」では、就労の目的の一つでもある、「賃金を得る」事を実感していただくために一定の条件のもと、工賃を支給しています。また、センター内にある食堂で事前申し込みに基づき給食を取ることもでき、安定した就労訓練を受ける環境となっております。


訓練事業の内容

清掃業務・花壇等管理業務

 港区の委託に基づき、港区立障害保健福祉センター全館と隣接する住居棟の一部の清掃を行っています。利用者の方には、清掃技術の習得はもちろんのこと、「はばたき」が提供する清掃プログラムを通して「社会に出て働くために何が必要か」を学んでいただいています。
 それは挨拶をはじめとする上手なコミュニケーション、安定してしごとに取り組める体力、任された仕事を最後までやり抜く気持ちの強さ、などであり、これらを備えた人物の育成を目標にしています。
 利用者の皆さんは、このプログラムのもと、支援員とともに「より良い就職」を目指し、日々努力を重ねています。

清掃業務・花壇等管理業務   清掃業務・花壇等管理業務

喫茶たんぽぽ

 港区立障害保健福祉センター(ヒューマンぷらざ)1階にある喫茶店で接客業務を行っています。利用者の方には配膳、下膳、レジ操作等を主として就職に向けてのスキルを習得してもらっています。接客の経験がない方でも積極的に受け入れていますので、興味のある方はみなと障がい者福祉事業団までお問い合わせください。

喫茶たんぽぽ   喫茶たんぽぽ